贅沢な冬のデザート by Bonne Maman

  Title

 Bonne Maman-ホットスイーツ-


ギンガムチェックがトレードマークのボンヌママン。
国内ではジャムで見かけることが多いかと思いますが、”手作り感”をキーワードとしたブランドです。
実は2008年の3月からデザート部門に参入しており、長年親しまれているミルクジャムをプリン状にしたものやフロマージュフレにミルクジャムをかけるデザートなど、ジャムメーカーのノウハウを詰込んだ商品もありますが、伝統レシピにも力を入れています。

そんな Bonne Maman から発売された温めて食べるスイーツを3つご紹介します。

“Fondant au Chocolat”

半生タイプのチョコレートケーキ。
レンジやオーブンで温めると中からトロトロのチョコレートソースが出てきます。
内容量:70g×2個
価格:1.99ユーロ

 

 

 

“Abricot Brioché”


アプリコットジャムとブリオッシュのフレンチトーストの組合わせ。

おしゃれなガラス容器に入っています。
内容量:110g×2個
価格:1.99ユーロ

 

 

 

“Pommes Tatin”

 

タルトタタン。
バターと砂糖で、じっくりと鍋で煮詰めたようなリンゴ。
バターの香りがしっかりしたタルトは、まさしくホームメイド。
こちらもガラス容器入り。
ちなみにタルトタタンはりんごを砂糖とバターでじっくり煮詰めたものの上にタルト生地をかぶせて焼く伝統的なデザートです。
タルトタタンの発祥は非常に面白くて、失敗からできあがったものだとか。
ロワール地方にあるホテルタタンを経営していたタタン姉妹がアップルパイを作ろうと、りんごと砂糖とバターを痛めていたらつい熱を入れすぎてしまい、焦がしてしまったんです。
なんとかならないかとりんごの上にタルトをかぶせてフライパンのままオーブンで焼いてみたらいい感じにりんごがキャラメリゼされて香ばしい味になったというのが始まりです。
タタン姉妹にちなんでタルトタタンと呼ばれています。
内容量:125g×2個
価格:2.35ユーロ

コメントを残す